保育士の仕事

保育園で働く保育士は、園児を預かる仕事をします。一般的な保育園では三交代制を導入しております。その勤務形態は2つに分類することができます。早番勤務、通常勤務と遅番勤務です。早番勤務と通常勤務は同じような仕事をするため1つのグループとして分類できます。異なるのが遅番勤務です。  

保育園の日々の仕事は、勤務形態が複数存在しています。これが幼稚園の教諭の仕事と異なる勤務形態です。それは、保育園で子供を預かる時間が幼稚園よりも長く通常は夜間まで預かるのが一般的な業務になっているからです。そのため保育士の勤務形態も2つに分類することができます。しかし、保育士の仕事は、この勤務形態をローテーションして働くことになります。シフト制で1週間ごとに異なるのが一般的な保育園の勤務形態となります。  

保育士が保育園で仕事をするときにはどのような仕事を毎日行うか気になる人もいるでしょう。しかし、イベントや行事を行わない限り毎日同じ仕事を行うのが一般的な仕事になります。イレギュラーとなるアクシデントが発生しない限り毎日同じ仕事をするのが保育士の仕事です。しかし、このシフト制の違いにより、その日スタートする仕事の内容が異なってきます。保育士はこれらの仕事をすべてシフト制で行うので、偏った勤務制をしていないのが通常の保育園です。実際にどのような仕事を保育士がするか次のページから保育士が勤務する毎日の仕事について説明させていただきます。


★こちらの記事に関連したおすすめサイト★
さらに詳しい仕事内容を知りたいときは、保育士の求人情報も参考になるでしょう。細かい条件から保育士の求人情報を探せるこちらのサイトでは、仕事内容だけでなく働く環境についても知ることが出来ます > 保育士 求人情報